• Seiko Chieikai

2017秋 悲願達成!秋季東北大会初優勝!!


 本日、県営あづま球場で開催された第70回秋季東北地区高等学校野球福島県大会の決勝戦は、同じく初優勝を目指す花巻東高校と対戦しました。

試合は聖光学院の先攻で始まりました。今大会序盤の猛攻が目立つ聖光学院は、今日も先制攻撃を仕掛けます。先頭の田野孔誠君が初球のスライダーを三遊間に運び、続く横堀航平君がしっかりと送ってチャンスメイク。続く矢吹栄希君もライト前ヒットで繋いで一・三塁のチャンス。ここで4番五味卓馬君がレフトへ犠牲フライを放ち1点を先行します。

3回にも横堀航平君の三塁打を足掛かりに1点を追加すると、4回には小室智希君、田野孔誠君の連続長打で2点を追加し、完全に聖光ペースで試合が進みます。

しかし、4回裏、試合の流れが変わります。先頭打者を失策で出塁させると、次打者に死球を与え、さらに送りバントで一死二・三塁のピンチ。ここで9番打者に2点タイムリーを浴びて2点差にされてしまいます。さらに5回裏にクリーンアップに連打されてチャンスを作られると、6番打者にレフト線へのタイムリー二塁打を放たれ、同点となってしまいます。

5回を終わってタイスコア。決勝戦らしい激戦となりますが、試合の流れは花巻東。先発のエース衞藤慎也君は序盤から変化球が高目に浮いて5回まで被安打7、4四死球、4失点と苦しい投球。しかし、タイスコアとなった6回からは直球主体に切り替え、花巻東に力で向かって行き追撃を許しません。

緊張感が高まるこの試合、地元開催で神宮への執念を燃やす聖光学院は、8回に試合を動かします。5番打者須田優真君が、インコースの厳しい球をフルカウントからジャストミート。これがレフトポール際スタンドへと飛び込む起死回生のホームラン!さらに9回にも職人横堀航平君のタイムリーで1点を追加して試合を6対4として最後の守りを迎えます。

9回裏も続投した衞藤君は気力の投球。この回投じた12球のうち、変化球はわずか2球。最後の1球も渾身のストレートで今日2安打の6番打者をショートフライに打ち取り、ついに、ついに秋の東北の頂点に立ちました。

2006年の幻の優勝から11年。この秋の東北制覇は聖光野球部の悲願でした。5回目の挑戦でやっと手にした東北の頂点。選手、スタッフは号泣し、感動の優勝となりました。

これで野球部は初の明治神宮大会出場となります。大会は11月10日から。どうか皆様、ご声援よろしくお願いいたします!


409回の閲覧

 
© 2017 by SEIKO GAKUIN BASEBALLTEAM CHIEIKAI