• Seiko Chieikai

2017秋 決勝戦圧勝V!3年連続13回目!!


本日いわきグリーンスタジアムで開催された第69回秋季東北地区高等学校野球福島県大会の決勝戦は、光南高校と対戦して9対2と圧勝して3年連続13回目の優勝を飾りました。

聖光学院の先発は髙坂右京君。髙坂君は立ち上がりに一死一・三塁のピンチを迎えますが、4番打者をショートゴロダブルプレーに斬ってとりピンチを脱します。攻撃陣は2回に五味卓馬君、須田優真君の連続ヒットのあと、6番星歩志君のセーフティバントが三塁手の悪送球を誘ってまず1点、二死後に髙坂君のサードゴロをまたもや三塁手が失策し、ラッキーな形で2点を先制します。

その裏、髙坂君は連続四死球、さらにはバント処理ミスで無死満塁の大ピンチ。しかし8番打者をショートゴロダブルプレーに打ち取り、この回1点に抑えたことがその後の打線の爆発につながりました。

そして迎えた3回表、先頭の横堀航平君がヒットで出塁すると、一死後五味君がレフト前ヒットで一・三塁のチャンス。ここで5番須田君がレフトオーバーのタイムリーツーベースで2点を加えると、6番星君のサード強襲ヒット、大松君のライト前ヒットと打線がつながり3点目、さらに8番小室智希君が四球を選んだあと、9番髙坂君がセンター前にきれいに弾き返してこの回一挙5点を挙げ、一気に主導権を握ります。

その後も髙坂君は打たせて取る投球に徹し、8回まで被安打6、2失点としっかりゲームメイク。打線は4回以降無得点が続きましたが、9回に小室君のヒット、盗塁でチャンスを作ると、代打川口堅君が追い込まれてから執念のレフト前ヒットを放ち1点を追加、そして2番横堀君がセンターへタイムリーを放って9点目を挙げました。

最終回はエースナンバー上石智也君がしっかりと三者凡退に抑えて、見事3年連続13回目の優勝を決めました。

これで10月13日から始まる東北大会に第1代表として出場します。皆様、東北大会もご声援よろしくお願い致します!


327回の閲覧

 
© 2017 by SEIKO GAKUIN BASEBALLTEAM CHIEIKAI