© 2017 by SEIKO GAKUIN BASEBALLTEAM CHIEIKAI
  • Seiko Chieikai

2017秋 準々決勝は5回コールド勝ち!


本日SOSO.Rならは球場で行われた第69回秋季東北地区高等学校野球福島県大会の準々決勝は、県北支部の優勝校福島商業高校と対戦し、5回コールド10対0で勝利しました。

激戦が予想されたこの試合、先発を任されたのは2回戦いわき光洋戦で先発した髙坂右京君。髙坂君は初回、先頭打者を三振、2番打者をショートゴロに打ち取りますが、3番打者に死球を与え、さらに4番打者にライト前ヒットを放たれていきなりピンチを迎えます。しかし、5番打者をサードゴロに抑え、ピンチを脱します。

一方その裏聖光学院は1番田野孔誠君がレフト前ヒットを放ちますが無得点。しかし、2回以降髙坂君のピッチングが波に乗ります。6番から三者三振に斬ってとると、その裏先頭の五味卓馬君がセンター前ヒットで出塁、その後二死一・二塁として、8番大松将吾君を迎えます。大松君は相手投手が投じた初球を迷いなく振り切ると、打球はレフトスタンドへ先制のスリーランホームラン!見事な一振りで主導権を握ります。

聖光学院は4回、変わった左投手から先頭須田優馬君がレフトスタンドへ突き刺さるソロホームランを放ち1点を追加すると、四球の横堀航平君が盗塁とボークなどで一死三塁とし、先ほどスリーランを放った大松君が今度はスクイズを決めて5点目を挙げます。

さらに5回には先頭の田野君がこの日三本目のヒットを放つと、2番小室智希君の送りバントで相手投手が雨上がりのグランドに足をとられて内野安打となると、3番矢吹栄希君がスクイズを決めて1点を追加すると、五味君の内野安打、須田君の四球でなおも満塁とすると、6番横堀君がとどめの左中間三塁打を放って9点目、最後は星歩志君が一・二塁間を破って10点目をとりました。

髙坂君は4回・5回も三者凡退に抑えて試合は5回コールド10対0と圧勝。終わってみれば被安打1、8奪三振と完璧な投球内容。ベスト4へ駒を進めました。

準決勝は明日、いわきグリーンスタジアムで湯本高校と戦います。皆様ご声援よろしくお願い致します!


162回の閲覧