• Seiko Chieikai

2017秋 夏の決勝再現対決は圧勝で8強入り!


本日いわきグリーンスタジアムで開催された第69回秋季東北大会地区高等学校野球福島県大会の2回戦は、夏の決勝戦の相手、いわき光洋高校と対戦して9対1の7回コールド勝利で相手を圧倒し、ベスト8進出を決めました。

いわき光洋高校の先発は夏の決勝戦で先発した川辺投手、そして聖光学院は変則左腕の髙坂右京君で試合が始まりました。

まずマウンドに上がった髙坂君でしたが、一死後ギリギリに投げたボールがことごとくボールと判定され連続四球。しかし、4番打者をセカンドゴロに打ち取ると、5番打者を見事なクロスファイヤーで見逃しの三振で斬ってとります。

試合が動いたのは2回裏でした。一死後6番横堀航平君がライト前ヒットで出塁すると、続く初スタメン星歩志君のセンター前ヒットで一・三塁のチャンス。8番大松将吾君は倒れますが、9番髙坂君がアウトコースのストレートにヘッドを合わせて2点タイムリーを放ち先制します。

さらに3回、一死後に3番矢吹栄希君が内野安打で出塁すると、4番須田優真君がレフト前ヒットでつなぎ、さらに打者五味卓馬君の時に低目の変化球に対して二走の矢吹君が判断欲よくスタートをきり二・三塁とする好走塁。ここで五味君が深々と左中間を破るタイムリーを放つと、聖光打線が波に乗ります。横堀君のセフティバントが決まりチャンスを拡大すると、星君の四球後、8番大松君が変化球を上手くセンターに運んでこの回4点目、さらに髙坂君のセフティスクイズ、田野孔誠君のタイムリーも飛び出し、この回一挙7点を奪い勝負を決めました。

髙坂君は3回に1点を失いますが、5回を投げて被安打3、4奪三振と試合を作り、6回から登板の上石智也君も2イニングをパーフェクトに抑えて7回コールド勝ちとしました。

次戦は23日にSOSO.Rならは球場で県北の覇者福島商業高校と対戦します。皆様ご声援よろしくお願い致します!


212回の閲覧

 
© 2017 by SEIKO GAKUIN BASEBALLTEAM CHIEIKAI