• Seiko Chieikai

2017夏 準決勝 日大東北に完勝!


本日県営あづま球場で開催された第99回全国高等学校野球選手権福島大会の準決勝は、日大東北高校と対戦して6対2で勝利して決勝進出を決めました。

先発は聖光学院が齋藤郁也君、日大東北は楡井龍之介君とエース対決。初回はお互い無得点と、例年初回に試合が動くケースが目立ちますが今日は静かなスタート。しかし試合は2回に動きます。

2回裏、一死後6番佐藤隆平君が四球を選んで出塁すると、7番佐藤晃一君がヒットエンドランを決めて一・二塁。ここで8番渡辺拓路君が初球を右中間を深々と破るタイムリー三塁打を放って2点を先制。さらに二死後、一番矢吹栄希君が変化球を上手くレフト前に運んで3点目を挙げます。

3回に1点を返されますが、その裏一死から瀬川航騎君がセンター前ヒットで出塁すると、4番仁平勇汰君がライト前ヒットでつないで一・三塁とすると、斎藤智也監督は5番柳沼楽人君にセーフティスクイズを指示。これが見事に決まって1点を追加すると、6番佐藤隆君にセンター前タイムリーが飛び出しさらに1点。3回まで5得点を挙げる見事な集中力で試合を優位に進めます。

4回にも2番松本聖也君のタイムリーで6点目を挙げた聖光学院、こうなるとエース齋藤郁也君の投球に注目が集まります。その齋藤君は5回表二死から連打で二・三塁のピンチを迎えますが、1番打者を齋藤君が三振に斬ってとり、さらに6回には矢吹君の失策から招いた一死一・三塁のピンチも齋藤君が粘投し無失点で切り抜けます。

齋藤君は8回に二死満塁のピンチから押し出しで1点を奪われましたが、二死満塁の大ピンチにも動じず内野フライで最少失点に抑えて要所を締めます。

9回はダブルエース前田秀紀君が締めて5年連続の対戦となった日大東北に今年も完勝、決勝進出を決めました。

決勝戦は同じく県営あづま球場で福島商業といわき光洋の勝者と戦います。皆様、ご声援よろしくお願い致します!


 
© 2017 by SEIKO GAKUIN BASEBALLTEAM CHIEIKAI